においのストレスから解放される!女性のわきが・体臭対策3つ > デリケートゾーン > デリケートゾーンの臭いの原因は洗いすぎが原因らしい!

デリケートゾーンの臭いの原因は洗いすぎが原因らしい!

デリケートゾーンのにおいが気になるからと言って、膣の中までキレイにするのは絶対にやめましょう。
膣内には自浄作用があり、体に害のない菌がいます。
そこに石鹸などで、菌を落としてしまうことで、膣内のバランスが乱れてしまいます。

デリケートゾーンのにおいが気になる原因の一つに「カンジダ膣炎」があります。
激しいかゆみと匂いのきついおりものが増加するのですが、これにしても原因が膣内の洗いすぎと言われることがあります。
カンジダ菌は、常に膣内にいます。
ただ、普段は、良い菌が共存していることで、バランスが取れていて症状として現れないだけなのです。
それが膣内の菌を洗うことで、カンジダ膣炎になるのです。

このような洗いすぎが原因のデリケートゾーンの臭いはとても多いです。
膣内洗浄というとビデですが、使いすぎも注意です。
現在は、家庭でも使っている方は多いですが、経血やおりものが気になる時だけの使用がオススメです。

膣内環境の悪化がデリケートゾーンの臭いの原因、不潔にしているからではなく、洗いすぎということです。
デリケートゾーンのケア方法としては、表面だけを優しく洗う。
膣内は石鹸成分を入れないことが原則です。
これを守って、デリケートゾーンの臭いがなくなったという方は、それまで洗いすぎていたということになります。
洗い方をもっと知りたい方はhttp://www.vaipm.org/
もちろん普段からデリケートゾーンは清潔にすることは大切ですが、膣内に関しては、洗いすぎはデリケートゾーンの臭いの原因になってしまうということです。