ワキガが原因による腋臭の対策法

多くの人が、自分の体に何らかのコンプレックスや悩みを持っているものですが、その中でも特に気にする人が多いものが体臭に関することです。体臭がきつくなる原因には様々な物がありますが、一般的な汗臭さや加齢臭、あるいは口臭などとは全く違った種類の臭いがワキガによる腋臭です。
ワキガの臭いは、脇の下にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺からの分泌液に、雑菌が繁殖することによって発生するもので、夏の暑い時期などに汗をかいたまま放置しておくとどんどん臭いがきつくなってしまいます。ワキガの臭いは非常に独特なもので、締め切られた空間などでは気分が悪くなることもある臭いです。
この腋臭を抑える対策法としては、まず脇の下で雑菌が繁殖するのを防ぐことが必要になります。最も手軽な対策法としては、市販されているデオドラントスプレーや除菌シートを使って、脇の下を常に清潔に保つことですが、あくまで一時的な効果しかないので、汗をかいたらケアをし直す必要があります。
しかし、中度から重度のワキガになると、こうしたデオドラントスプレーなどでは臭いを防ぎきれないこともあります。
そこで、脇の下を清潔にするケアと共に、専門の医療機関で治療を受けるというのも有効な方法です。
医療機関での治療は、主にアポクリン汗腺やエクリン汗腺の分泌液を減らすというもので、外科手術によって物理的に汗腺を除去する他、ボトックス注射で汗腺の働きを抑えたり、飲み薬で分泌液の量を減らすといった事も可能です。