ワキガの原因を探り対策をたてる

ワキガは遺伝や汗腺であるアポクリン腺が原因とされています。
ここから出る汗に含まれる脂質やタンパク質・糖質やアンモニア成分が、皮膚表面の菌により分解され独特の臭いが発生しますが、これに皮脂が混ざると臭いが強くなります。
もう一つの汗腺であるエクリン腺は背中から出る汗で、水と塩分からできていて無臭です。
ワキ毛は汗を溜める役割がありワキの下の温度が上がると、溜まった汗に細菌が繁殖しにおい物質が増加します。
ワキガ体質の場合は2つの汗腺から出た汗を一緒に拡散することから、身体全体が臭うような感じになります。
ワキガ体質は食文化の関係から日本人には少なく欧米人には多く見られることから、ワキガは欧米人には当たり前のことで気にする人はいないようで、体臭と香水とをうまく組み合わせて魅力の一つとしているようです。
日本人は清潔好きであり臭いに敏感な人種であると言われていますから、ワキガの臭いが気になるのかもしれません。
対策として軽度なものは塗り薬をワキの下に塗る方法があることと、内服薬で汗の分泌を抑えますが口や目の乾きがあったり尿の出が悪くなる副作用があり、精神的な発汗を抑える内服薬は眠気やふらつきがあるようです。
一時的な治療方法としては効果が期待出来るのですが、長期間の服用は薦められていないようです。
症状によってワキの下に注射をする治療とか、電気針でアポクリン腺と皮脂腺を破壊する方法や、アポクリン腺そのものを取除く手術などがあります。
日常生活においては和食に重点を置くのも対策の一つとなります。