医療機関での治療によるワキガの対策

臭いに関する悩みやコンプレックスは、非常にデリケートな問題で、本人が気づいていなく、周りの人が気づいたとしても中々指摘するのは難しいものです。
臭いは本人が気にする以上に、周りの人にも影響を与えてしまうもので、体臭のきつい臭いは、人によっては気分を悪くしてしまうということもあります。
体臭に関する事で、特に臭いが強く、また対策が難しい物がワキガの症状です。これは汗臭さや加齢臭などとは違い、脇の下にあるアポクリン腺の分泌液が原因になって起こるものです。
アポクリン腺からの分泌液自体は、臭いがあるものではありませんが、これが脇の下にたまり、時間が経つと雑菌が繁殖してしまい悪臭を発するようになります。
そのため、ワキガの臭いの対策としては、繁殖した雑菌を除去することが大切です。臭いが強くなる前に、除菌シートなどで雑菌を除去し、清潔な状態を保っておけば臭いがきつくなることはありません。しかし、夏など、汗を多くかく季節になると、頻繁に処理をしなければなりません。
脇の下を清潔に保つとともに、アポクリン腺の働きを抑制する事もワキガ対策には非常に有効です。汗を抑えるツボを押したり、汗をかく前に脇の下を冷やすといった対策も効果的ですが、根本的な解決を求めるのであれば医療機関での治療が最も確実です。
最も効果があるのが、外科手術によってアポクリン汗腺自体を取り除いてしまうことですが、比較的軽い症状であれば、飲み薬や注射などで対処できる場合もあるのでまずは相談してみると良いでしょう。